第21回日本褥瘡学会学術集会

ランチョンセミナー

ランチョンセミナーの登録には事前参加登録が必要です。
ご登録がお済みでない方は下記よりご登録及び参加費のお支払いをお願いいたします。
なお、ランチョンセミナーは定員に達し次第、終了とさせていただきます。

ご登録はこちら

ランチョンセミナー1

8月23日(金) 11:35~12:35
『見守り機能を備えた最新のエアマットレスで挑む医療安全』

この秋、医療安全の観点からさらなる進化を遂げた画期的なエアマットレスが登場します。開発経緯と臨床事例をもとに、臨床的にも経済的にもメリットのある、見守り機能を備えたエアマットレスがもたらすイノベーションを概説します。

司会:三村 真季(株式会社 モルテン)
演者:高野  学(株式会社 モルテン)
   三村 真季(株式会社 モルテン)
共催:株式会社モルテン

ランチョンセミナー2

8月23日(金) 11:35~12:35
『症例から学ぶ~褥瘡のABCD~』

褥瘡ケアで大切なポイントをA: aliment (栄養)、 B: bed (ベッド)、C: care (ケア) 、D:drug (薬剤)の4点にまとめてみました。それらのポイントを、褥瘡症例の経過を参考にしてどのように活かしていくかを楽しくお話していきます。

司会:須釜 淳子(金沢大学新学術創成研究機構)
演者:田邉  洋(天理よろづ相談所病院 皮膚科)
共催:株式会社ケープ

ランチョンセミナー3 

8月23日(金) 11:35~12:35
『MDRPUを予防しよう~明日からできるクッションドレッシング材を用いた予防方法~』

【第1部】MDRPUの基礎知識を再確認するため、MDRPUの発生要因や予防方法を説明します。

【第2部】明日からMDRPU対策が出来るように、当院での課題や運用方法、実際に行っている
     クッションドレッシングを用いた予防の実例を紹介します。

司会:中川 雅裕(静岡県立静岡がんセンター 再建・形成外科)
演者:佐野 加奈(静岡県立静岡がんセンター 看護部)
   西島安芸子(静岡県立静岡がんセンター 認定看護師教育課程)
共催:株式会社 共和

ランチョンセミナー4

8月23日(金) 11:35~12:35
『褥瘡処置におけるトータルコストの削減』

褥瘡処置に対して、日々多くの課題を感じているかと思います。課題の一つに、褥瘡処置に対するコストがあります。今回のセミナーでは、褥瘡処置に対する医療従事者の負担が軽減されるよう、トータルコスト削減をテーマに説明します。

司会:川上 重彦(金沢医科大学 形成外科)
演者:安田  浩(産業医科大学病院 形成外科)
共催:アルケア株式会社

ランチョンセミナー5

8月23日(金) 11:35~12:35
『バイオフィルムを制圧する!~超音波デブリードマンだからできること~』

メンテナンスデブリードマンの実施は、創傷管理におけるバイオフィルム対策において極めて重要である。本セミナーでは、最新のデブリードマンの方法として注目されている超音波デブリードマンの有効性と臨床使用の実際について紹介する。

司会:真田 弘美(東京大学大学院医学系研究科 老年看護学/創傷看護学分野
         グローバルナーシングリサーチセンター)
演者:仲上豪二朗(東京大学大学院医学系研究科 老年看護学/創傷看護学分野)
   木下 幹雄(TOWN訪問診療所)
共催:株式会社メディカルユーアンドエイ

ランチョンセミナー6

8月23日(金) 11:35~12:35
『褥瘡ケアにおける急性期医療と在宅医療の連携 ―在宅療養者を支えるケアの提供―』

第4回日本褥瘡学会実態調査において、対象施設の全褥瘡有病率は2.09%で、75歳以上が多くを占め、そのうち自重関連褥瘡の有病率は療養型病床を有する一般病院が2.48%と最も高かった。施設外発生褥瘡の増加が主な理由とされ、その要因と対策についてご紹介する。

司会:渡邉 光子(関西労災病院 皮膚・排泄ケア特定認定看護師)
演者:鈴木 由加(千葉県循環器病センター 皮膚・排泄ケア特定認定看護師)
共催:コロプラスト株式会社

ランチョンセミナー7

8月23日(金) 11:35~12:35
『必見!褥瘡予防のためのベッド活用術』

褥瘡予防・管理ガイドラインには、マットレスの項目は多数掲載されていますが、ベッドについてはほとんどありません。しかし、ベッドの機能を知ることで褥瘡発生要因の圧迫やずれの軽減は可能です。本セミナーでは、褥瘡予防のためのベッドの機能や活用方法について説明します。

司会:田中マキ子(山口県立大学 看護栄養学部)
演者:四谷 淳子(福井大学 臨床看護学講座成人・老年看護学)
   髙橋 良太(士別市立病院 皮膚・排泄ケア認定看護師)
共催:パラマウントベッド株式会社

ランチョンセミナー8

8月23日(金) 11:35~12:35
『トータルケアをめざす栄養管理 -最良の包括的食支援とは-』

内因性要因である栄養状態。その対策には経口摂取が最善ですが非経口栄養への安易な依存、ハードルの高い嚥下機能検査、過度な誤嚥性肺炎への懸念、食事介助スキル不足など課題もあります。このたびはこの分野の第一人者でありそのご活躍はNHKプロフェッショナル仕事の流儀でもご紹介された小山珠美先生と竹市美加先生をお迎えしました。大いなる可能性を秘めた食の原点を見つめ直してみませんか。

司会:岡田 克之(桐生地域医療組合 桐生厚生総合病院 皮膚科)
演者:小山 珠美(NPO法人口から食べる幸せを守る会、JA神奈川県厚生連伊勢原協同病院)
   竹市 美加(NPO法人口から食べる幸せを守る会、訪問看護ステーションたべる)
共催:株式会社プラッツ

ランチョンセミナー9

8月24日(土) 12:10~13:10
『褥瘡、そしてスキン-テア(皮膚裂傷)の最前線2019』

平成30年度のW改定では、褥瘡ハイリスク患者ケア加算の対象へのMDRPUの追加に、褥瘡マネジメント加算の新設と、エビデンスに基づいた褥瘡学会の貢献がクローズアップされた改定となった。新たに見えてきた褥瘡対策の課題と今後の対策について概説する。

司会:立花 隆夫(大阪赤十字病院 皮膚科)
演者:真田 弘美(東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻老年看護学/創傷看護学分野
         グローバルナーシングリサーチセンター)
共催:ニュートリー株式会社

ランチョンセミナー10

8月24日(土) 12:10~13:10
『急性期病院ならではのハイリスク患者の褥瘡、その対策はいかに!?』

院内の褥瘡対策ケアの向上により、多くの病院で褥瘡発生率は減少傾向にあります。しかし、いくら対策を強化しても、ハイリスクケアが必要な患者のケアに悩みます。急性期病院でよく経験する褥瘡患者の特徴とその対策をご紹介いたします。また、病院と在宅の連携も急性期病院の大きな課題です。多職種連携や外来機能の拡大も含めたノウハウをお伝えいたします。

司会:田中マキ子(山口県立大学 看護栄養学部)
演者:尾﨑麻依子(帝京大学医学部附属病院 皮膚・排泄ケア認定看護師)
   加瀬 昌子(総合病院国保旭中央病院 皮膚・排泄ケア認定看護師)
共催:スミス・アンド・ネフュー株式会社

ランチョンセミナー11

8月24日(土) 12:10~13:10
『看護現場で役立つ皮膚トラブルケア ー真菌対策! 洗浄剤と保湿剤の選び方ー』

本セミナーでは医療現場で役立つ適正な診断・治療と予防策の選択、看護の面からは症状の適切なアセスメントとケアについて報告いただきます。そして、研究・臨床・実践看護の視点からスキンケアの基本である洗浄剤と保湿剤の選び方のコツに迫ります。

司会:門野 岳史(聖マリアンナ医科大学 皮膚科)
演者:高橋 秀典(JCHO福井勝山総合病院 皮膚科)
   熊谷 英子(むらた日帰り外科手術・WOCクリニック)
共催:持田ヘルスケア株式会社

ランチョンセミナー12

8月24日(土) 12:10~13:10
『ずれ(Shear)を考慮した褥瘡管理 - ドレッシングの可能性 -』

現在、褥瘡の発生メカニズムが大きく見直されています。皮膚の「摩擦」や「ずれ」により、深刻な褥瘡に至る事が研究により示されています。その視点から、私たちはどのように対処してゆけば良いのでしょうか。ORでの対策、病棟管理についてもお話し致します。

司会:大浦 紀彦(杏林大学形成外科)
演者:中屋 貴子(国立循環器病センター皮膚排泄ケア認定看護師)
共催:メンリッケヘルスケア株式会社

ランチョンセミナー13

8月24日(土) 12:10~13:10
『新しいフォーム材がもたらす褥瘡治療へのNPWTi-dの変革』

医師の観点から褥瘡治療に対するNPWTi-dの新しいフォーム材の使用経験、既存治療と比較し違いや効果の検討、推奨使用方法等を、特定行為研修を終了したWOCNの観点から治療への関わり方の変化、スタッフ教育、働き方改革の視点から、看護師の役割の変化等を伝えたい。

司会:森口 隆彦(川崎医科大学 総合医療センター)
演者:森重 侑樹(杏林大学医学部 形成外科)
   丹波 光子(杏林大学医学部付属病院 看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師)
共催:ケーシーアイ株式会社

ランチョンセミナー14

8月24日(土) 12:10~13:10
『難治性潰瘍への挑戦 プロントザンを用いた新たなアプローチ』

昨今の創傷管理における課題の一つはバイオフィルム関与における治癒遅延です。この課題に対して解決策として期待される新しいタイプの創傷被覆材「プロントザン」が臨床で使用され始めています。現在までに使用された症例からその可能性について探ります。

司会:安田  浩(産業医科大学病院 形成外科)
演者:黒川 正人(熊本赤十字病院 形成外科)
共催:ビー・ブラウンエースクラップ株式会社